2017年1月12日木曜日

Slackでgmailを転送させるときに使うやり方(未検証)

Slackとgmailを連動

最近Slackにハマり、いろんなことをSlackに連動させて、
効率をあげようと考えている。

そこでまずはgmailと連携を考えた。

Slackでgmailをすべて管理することは難しいけど、
返信の必要の無いメール(情報メールやアラートメールなど)は
メールではアーカイブして、Slackに飛ばして読もうと思った。


3つの方法を試した


1.gmailのラベルによって転送するかどうかを判断させればいいかと思ったけど、
ラベルの振り分けを1つずつすることも面倒であり、
且つ確かフィルタは20個までしか設定できない。
ということで、この案はボツ。

2.次にメールアドレスに「+slack」をつけて、
そのメールに来たものだけ転送させようと考えた。
これも登録しているメールアドレスを変更しなければならないや、
「+」を入れたアドレスが認証されないことがあるため、ボツ

3.考え抜いて出てきた結論がgmailのカテゴリーを使用すること。
これは勝手に学んで振り分けをしてくれるし、
手動で振り分けても学んでくれるので、
自分のなかでは一番今回やりたいことに適していると思えたので、
この方法を採用してやってみることにした。


結論(未検証)


まだこれから検証していかなければならないけど、カテゴリーを使って
転送設定をすることがgmailをSlackに転送させるいい方法だと思った。
今後どうなるかはまだなんとも言えないけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿