2016年10月20日木曜日

macOS Sierra‎で起こるSSLの不具合?でページが表示されない

Mac book12インチのOSをアップデートしたところ、
Webサイトで下記の画面が出るようになった。
 (Webページが表示されず、エラーページが表示される)




リスティングしているサイトでも出ていたので、

結構大変なんだろうなって思っていたら、
自分が手がけたサイトでも同じことが起こってしまった。

パートナーに調査を依頼して、

英語サイトなども調べてもらい、
いろいろなことが他サイトでも書かれているが、
どれが本件の対応策だか明確ではないということだった。

尚、調べた結果の原因であろう内容が下記となります。


環境


macOS Sierra‎ Chromeプラウザ(Ver.53)

原因であろう内容


・MacOS Sierra+ChromeでSSL接続ができないサーバが存在する模様
・SSLの中間証明書を入れ直せば直る
・サーバの設定を変えれば直る
・MacOS Sierraが認める証明書が以前より20数本減った
・Chrome Ver.54(正し現在開発Ver)入れたら直った
など


解決策


私の場合の解決策は
SSLの中間証明書のアップデート行うことだった。
(なぜかは専門家ではないのでわからないです)

ちなみに、Chrome Ver.54を入れると治るという報告もありました。

それにしてもOSのアップデートは本当怖い。

0 件のコメント:

コメントを投稿