2015年3月5日木曜日

仕事に効く教養としての「世界史」を読んだ


出口治明さんの仕事に効く教養としての「世界史」を読んだ。

発売日に購入をしたのに、なかなか読めず、やっと読み終えた。

日本を含めた世界の歴史を世界の様々な状況を交えて説明されているので、広い視野で歴史を学ぶことができる本だった。

個人的に学んだこととしては、自分だけの視野で終わらせず、様々な視点から物事を見ることが必要だと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿