2015年3月11日水曜日

良い制作会社の決め方


昨日打合せをしていて、貴社の強みは何ですかと問われた。

色々な強みはあるものの、考え方によっては難しいと思った。

うちの会社の強みは

  • デザイン、実装のクオリティが高い
  • 企画まで出せる
  • 悪いものは悪いと言う
  • スケジュールをどうにかしてでも守る
  • プライオリティをしっかり決め、実行する
  • クライアントの担当者がやりやすい方法を考え、実行する
  • レスポンスが早い など
挙げていけばいくらでも挙げられる。

だから、その相手の会社にとって一番求めているものに対して、何を求めているか聞く前の段階で問われたので、明確な回答をするのは何気に難しいと思った。

ズラズラといっぱい挙げられても、それを相手が求めているわけではない。

正直なところ、実際に取引をしてみないと実力だけではなく、合う合わないということもあるため、わからない。

ただ、うちの会社ではリピーターが多いため、クオリティ、コミュニケーション能力は高いと考えられるはず。

ターゲットユーザーのインサイトなどを考え、それに合ったデザイン、コンテンツなどを創りだしているし、その担当者に合ったコミュニケーションを色々と試して最善の方法を試すからである。

モノをしっかり作ることが当たり前の時代になってきているが、作り方によってもかかる日数、金額が変わってくる。

そこまでわかって依頼をしてくる人はあまり多くはないが、上記の内容を理解して頂きつつ、進めて行かなければ、業界のマーケットとしても良い方向に向かないと考えている。

結論としては、良い制作会社を見つけるためには、色々な会社と取引を行い、その中で決めていくことが重要だということ。

0 件のコメント:

コメントを投稿