2014年10月14日火曜日

キングと言われる男はやっぱりスゴイ!

ネット見ていて、思わぬサイトに到達した。

それはキングカズの話だった。
(愛称のカズで呼ばせてもらいます)

カズはいろんな逸話があるけど、非常に優しく、
頭のいい人だと個人的に尊敬している。

日本のサッカーレベルを上げ、海外移籍もして、
世界への扉を開けたと当時に、
ワールドカップに選出されず、今でもワールドカップを
目指しているサッカー選手でもある。

そんなカズのスゴイとされる話があったので、
掲載させてもらいます。
(本当かどうかはわからないですが、本当だと思っています)


とある小児病棟に慰問に行ったカズ。
普段湿りがちな病院の子供達や看護婦達に大歓迎を受け、リフティングやらを披露して大歓声を受けている。
ふとした拍子にカズがあきらかにその輪に加わらないスキンヘッドの女の子を見つけた、カズはその子に話しかけたがサッカーに興味が無いと言い残し車椅子で病室に去って行ってしまった。

看護婦に聞くとその子は白血病で抗ガン剤の副作用から髪の毛や眉毛が抜け落ちて、それから誰にも心を開かなくなったのだと言う、しかしカズは見逃さなかった。
その子が去ってゆくとき小さな紙切れのようなものを落として行くのを、カズがその紙切れを見るとこう書いてあった
「試合いつもテレビで見ています頑張ってください」
カズは看護婦に一枚の色紙を託した、そこにはこう書いてあった。

「絶対に何があってもあきらめない」

次の試合、チームメイトやサポーターから大爆笑や野次がおこっていた、新聞記者はこぞってこう書いた
「キングご乱心」
そこにはスキンヘッドで眉毛も無い状態でピッチに立つカズの姿があったのだ。
参照
http://s.webry.info/sp/office-yamato-spirit.at.webry.info/201208/article_4.html

こういうことが出来る選手がどんどん日本から出てもらいたい。 

0 件のコメント:

コメントを投稿