2013年5月8日水曜日

レスポンシブwebデザインを個人的にまとめてみた

最近レスポンシブwebデザインという言葉を多く聞く。

レスポンシブwebデザインとは、1ソースでブラウザの
横幅に応じて、レイアウトが変化するデザインのこと。

PCのブラウザで横幅を変えて見るとすごく気持ちいい。
でもそれだけで満足をしてしまったら何にもならない。

だから、簡単ではあるけど、レスポンシブwebデザインを
MindMapにまとめてみた。



すべてを網羅しているわけではないけど、
メリット、デメリットをしっかり把握しておくことが
何に関しても重要。

最近の案件で多いのは、Analyticsなどの結果、
モバイルのアクセスが多くなったので、
レスポンシブwebデザインにしたいということ。

必ずしもレスポンシブwebデザインではなく、
PC、タブレット、スマホの最適化したサイトを
作る選択肢もあり、運用も楽に行えるものを
提案することもある。

レスポンシブwebデザインだとどうしても、
デザインの自由度が減ってしまうので、
明確な目的を持ってデザイン等を決めていくことが重要。

そのため、個人的には目的をしっかりと明確にして、
提案し、納得してもらわなければ意味がないので、
そういった取引を今後も行なっていきます!