2013年4月26日金曜日

会社を辞めてからフリーになる人へ得な社会保険の任意継続

会社員を卒業して、今は取締役となったが、
会社員ではないため、保険、住民税は
個人で行わなけれならない。

住民税は特に会社を辞めれば自宅に送られてくるため、
行うことはないけど、
保険は社会保険から国民健康保険に変えなければならない。

と、思っていたけど、
実は社会保険の任意継続というものがあり、
社会保険を2年間継続することができる。

ただ、結構条件が厳しくて、退職してから、
20日以内に申請を行わなければならない。

そもそも、このような制度があることを知らず、
気づいた時には既に退職してから20日過ぎていたため、
これを使うことができなかった。

それと、離職票が届くのを待っていると、
(だいたい退職してから2週間くらいかかる)
悪れることも多いと思うので、申請だけは早めに
行ったほうがいいのかもしれない。

下記詳細条件
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

条件
以下の2つを同時に満たす人
■ 社会保険の資格喪失日以前、継続2ヶ月以上の被保険者期間がある
■ 資格喪失日から20日以内である

手続き期限
退職した日から20日以内
※20日間を過ぎると理由の如何に関わらず手続きができなくなります

手続き場所

協会けんぽの都道府県支部
※手続きは郵送でのやりとりも可能です

必要書類
健康保険任意継続被保険者資格取得申出書
※被扶養者がいる場合は、健康保険被扶養者届欄にも記入が必要です

加入期間
最大2年間

資格損失
以下のいずれかに該当する場合は、資格喪失を行います。
■ 資格取得から2年が経過した
■ 保険料を期限までに納付しなかった(翌日に強制喪失)
■ 就職などで、新たに社会保険に加入することになった
■ 後期高齢医療の資格を取得した
■ 被保険者が死亡した


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


参照:http://taisyoku-shitara.com/kenko-003.html

こういうルールを知っておくことは
自分にとって非常に得となるから、
知っておいたほうがいい情報!


0 件のコメント:

コメントを投稿