2013年2月19日火曜日

見積込みの提案書の盲点

すごく基本的なことだけど、
今日大失敗をしてしまった。

さすがに大ショックを受けたけど、
今後同じことを起こさないように対策を考えた。

まずは何が起きたかというと、
見積込みの提案書を作成し、プレゼンを行なったのだが、
自分と自分以外の人の提案書の金額が異なっていた。

原因は分かっていた。

金額を変更した提案書を作成し、印刷を行い、
確認をしたので、これで印刷すればよかったのだが、
その後に以前のバージョンのファイルも開いたいたため、
それを印刷し、確認もせずに配布してしまった。

こんな失敗をしないための対策としては個人的に2つある

①資料印刷後に金額を確認してから配布する

②見積を提案書に入れず、見積書として別途配布する

これからは②を実践していこうと思う。
理由は別になっていたほうが1枚の紙になるので、
確認漏れがなくなる。

折角失敗をしたのだから、しっかりと反省をし、
今後同じようなことを起こさないように
対策を行うことが今自分に必要なことだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿