2013年2月3日日曜日

引越しの物件選びとその結末

引越しが好きな人間ではないと思っているけど、
生まれてから今まで既に10回以上引越しをしてきた。

なぜかと言われると、住んでいる場所に飽きてしまうからだと思う。
同じ場所に住んでいても周りの環境が変わらないと引越ししたくなる。

だからだいたい住みたい場所を決めてから動くことが多い。
そのため、物件を探すのには場所が確定しているので、
軸を振れずに条件出しに専念できる。

今回引越しをする場所に対しての条件は
・電車のアクセスがいい
・よく飲む渋谷から近い
・京王井の頭線、中央線沿い
ということで、下北沢に候補を絞っている。
(今後変わる可能性はある)

そして、今日不動産に行って、候補をいくつか出してもらい、
内覧をしてきて、いい物件を見つけてしまった。

下北沢から少々離れていて、古い建物だけど、結構広くて家賃が安い。
どうせ1年くらいしか住まないと思われるので、

すべてが気に入ったわけではないけど、妥当な物件だと思った。


大体の契約を終わらせ、契約金だけ持っていなかったので、
1万円だけ入れて帰ってきた。

そうしたら数時間後、電話がかかってきて、その物件のオーナーが
急遽自分たちの事務所としてするということになり、
契約は破談となったという連絡が入った。

時間をかけて契約したのに、それはないでしょ。とも思ったけど、
それは紹介をしてくれた不動産も一緒だし、責めたところ何も変わらない。
あえて言うなら、そのオーナーからお互いに補填してもらいたい。


今住んでる場所の解約連絡をまさに入れる時だったから、
まだ間に合って良かった。


まぁーそんなこんなで、また1から探し始めないといけないことになった。

何かのお告げの可能性もあるので、ポジティブに受け止めようと思う。
もっといい物件がきっと出る!

0 件のコメント:

コメントを投稿