2012年9月23日日曜日

成毛眞のスティーブンジョブズ超解釈 を読んだ

個人的に成毛眞さんは好きで、ときどき本を読んでいる。

「成毛眞のスティーブンジョブズ超解釈」を読んで、
スティーブンジョブズになろうとすることにより、
個性を失うということがよくわかった。

1番言いたかったことは
「本当に好きなことを見つけて挑戦をしろ」
ということだと感じた。

個人的な備忘録としてまとめると下記となる。

■ビジネスモデル
・外部性効果を増大させる
・イメージを作り出す
・すべての正確な情報がインターネットにより伝わるわけではない
└スターだけが伝わる
・スターになるための条件
└分かりやすさ
└話題性
└流通
・ネットワーク外部性効果を打ち破れ
└任天堂、SONYから学べ

■人を見る目
・成長曲線をしっかり判断しろ
└子供っぽい発言をするのはまだ成長する証拠
・おばあちゃん子がいい
└「孫の集金術」眼力を手に入れろ(その分の親は厳しく)

■個人スキル
・文理の交差点に立てる人間になれ
└そのためには科学読み物を読め
・尊敬する人の真似をしろ
└歩き方から真似る
・センスのいい人になるためにうまい文章を書けるようになれ
└好きな1節を毎日2~3節写して書く
・習慣にすることにより、長い目で見たときの成長がある
└毎日寝る前に15分間落語を聞く

やっぱり本を読むことはいいし、
こうやってまとめておくことも大事だと感じた。

やっぱり経験が大事だよね!

久々に大学時代のサークルの仲間で集まって飲んだ。

結構みんな歳を取ったんだと実感しながらも、
みんな結婚していくんだということもわかった。

おれと同じ境遇の人はまだいないかったけどねw

そんな中、起業した仲間がいた。
話を聞いていて、プレゼンうまし、人脈あるから
行くとこまで行くんじゃないかと思った。

お手伝いできることは手伝いたいなと思う。
日銭くらいしか稼がせられないけど!

そんな話を聞いている中でバックパッカーの話を
色々と聞かせてもらった。

おれは海外にバック一つで旅をすることもできないし、
したいとも思えないけど、命知らずのバックパッカーが
いることを知った。

また、そういった人たちが、
いかに天才で社会不適合者なのかということも知れた。
(悪い意味ではないですよ)

おれ自体あんまり海外のことを知っているわけではないけど、
無知が一番よくないことなんだと常々思ってる。
だからそういった人たちの話を聞いてすごく興味がひかれた。

自分が知らない世界を知るためにいろんな人たちと話したり、
本を読んだりして知ろうとする行為は非常に重要であると感じた。

でも一番いいのはやっぱり経験することだよね!
これから自分がどんな経験をしていくのかわからないけど、
すべての事を楽しめる人間になりたいと思う。