2012年6月27日水曜日

PCを使用しながらできること

PCを使用することが非常に多いから、どの時間を有意義に
使用しようと椅子をバランスボールに変えてみた。

結果、しっかりと意識して行っていないと腰を痛めることが
分かった。
常に座っていることはあんまりいいことではないが、
腹筋を意識できたことは非常に良かったと思う。

結論としては、腰痛を持っていることもあり、2週間くらいで
バランスボールは引退させてもらった。

そしてバランスボールはどこかに旅立ってしまった。
どこに行ってしまったんだろうか?

PCを使用しながら鍛えることは非常に難しいと感じ、
次なる手を考えてみた。

せめてPCを使用していることで悪くなることを防ごうと思った。

それはを守るということ。

PC(ディスプレイ)から発せられるブルーライトからまもるということ

ブルーライトは下記に簡単に説明。
パソコン・スマートフォン・テレビ・ゲームなどのディスプレイからもブルーライトが発せられていて、それらにいつも接している多くの人たちの眼への影響が心配されています。
また、朝陽などの太陽光にも多く含まれる光であることから、ブルーライトを長時間浴びると体内時計を狂わせると言われています。
そして実際に購入してきた。
メガネとしては非常にかけやすいけど、レンズに色が付いている。



打合せ時には、あんまり適してないけど、PCを使用するときだけ
使用すれば問題ないこと。


使用してみた結果、
「何が変わったのかわからない」
はい、すいません。


効果が出ているのかもしれないけど、わからん。
ただ悪いことではないので、今もJINS PCを使用しながら、
PCに向かってる。


最近健康をすごく気にするようになってきた。


未来を考えると大事だと感じる歳になったんだなって、
しみじみと思う。


身体を労わることは大事!

0 件のコメント:

コメントを投稿