2012年6月28日木曜日

Pinterestで買いたいものを探す

最近時計が買いたいと思っていろいろ探してたけど、
いまいち検索だとおもしろいものを見つけることができなかった。


そこでPinterestを使用してみた。
Pinterestとは画像に特化したSNS(今アメリカで流行ってる)。


なぜPinterestを使用したかというと、世界の人たちがシェア
している時計とはどんなものなのかわかるという点だった。


だからPinterestで検索する際も「腕時計」ではなく、「watch」
である。


そうしたら期待通り、面白い時計がいっぱい出てきた。


その中でも気に入った時計はこれ↓




おもしろい時計なんですよ!
詳細は説明ページで見てください。


こんな形で日本以外の人から情報をもらうことができるから、
Pinterestは何かを探すときに役立つんだと思う。


これから日本へのローカライズがされていくと思うから、
Facebookと同じように流行るんじゃないかと思う。


EC、不動産、旅行会社は早めにチェックしたほうがいいと思う。
既に日本企業でもPinterestでキャンペーンをやってきている。


日本は基本的に海外で流行ったものが
遅れて日本で流行ることが多いから、
Pinterestもそうなってくるんじゃないかと予想。

2012年6月27日水曜日

PCを使用しながらできること

PCを使用することが非常に多いから、どの時間を有意義に
使用しようと椅子をバランスボールに変えてみた。

結果、しっかりと意識して行っていないと腰を痛めることが
分かった。
常に座っていることはあんまりいいことではないが、
腹筋を意識できたことは非常に良かったと思う。

結論としては、腰痛を持っていることもあり、2週間くらいで
バランスボールは引退させてもらった。

そしてバランスボールはどこかに旅立ってしまった。
どこに行ってしまったんだろうか?

PCを使用しながら鍛えることは非常に難しいと感じ、
次なる手を考えてみた。

せめてPCを使用していることで悪くなることを防ごうと思った。

それはを守るということ。

PC(ディスプレイ)から発せられるブルーライトからまもるということ

ブルーライトは下記に簡単に説明。
パソコン・スマートフォン・テレビ・ゲームなどのディスプレイからもブルーライトが発せられていて、それらにいつも接している多くの人たちの眼への影響が心配されています。
また、朝陽などの太陽光にも多く含まれる光であることから、ブルーライトを長時間浴びると体内時計を狂わせると言われています。
そして実際に購入してきた。
メガネとしては非常にかけやすいけど、レンズに色が付いている。



打合せ時には、あんまり適してないけど、PCを使用するときだけ
使用すれば問題ないこと。


使用してみた結果、
「何が変わったのかわからない」
はい、すいません。


効果が出ているのかもしれないけど、わからん。
ただ悪いことではないので、今もJINS PCを使用しながら、
PCに向かってる。


最近健康をすごく気にするようになってきた。


未来を考えると大事だと感じる歳になったんだなって、
しみじみと思う。


身体を労わることは大事!

2012年6月22日金曜日

カンヌライオンズ2012の受賞作品を見て思ったこと

カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル
(広告賞のようなもの)の受賞作品を見て思った。


<上記サイトより引用>


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラジオ部門のグランプリは、ブラジルのGo Outsideというアウトドア雑誌の"Repellent Radio(蚊除けラジオ)"が受賞。ラジオCMを流しながら別の周波数で蚊除けの音を発信したもの。
・Go Outside Magazine ""Repellent Radio"


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細とかあんまりわかんない(英語もわからない)けど、
これを見ていてラジオってまだ広告として
使えるんじゃないかと思った。


蚊除けの周波数を流しているだけのラジオ、
ときどき広告が入る。
アウトドアで使用されることが多いから、
そういったクライアントを入れる。


すごく軽率な発想だけど、自分でこれからの使いたいと思える。


その他、勉強になるような作品ばかりなので、
上記サイト見てみるといいと思う。

2012年6月20日水曜日

新サービスのパイオニアになったときの教訓


Facebookの自分のフォールを見ていたいたら、

1つの記事に目が留まった。

「アフィリエイトの不正な手口とその防御策」


http://www.eagle-inc.jp/mobairu-maketingu-hen/fusei-afirieitafuzai-no-mama---mizukakeron---gyoukai-saihen-no-yokan

4年前くらいかな?
携帯端末のアフィリエイトシステムの穴を突いた
au端末の不正の話の内容。


実はこの問題にいち早く取り組んでいたのが、前職の会社。


その時のパイオニアとしてブルーオーションに
飛び込んでいったときの教訓を残しておこうと思う。




その会社は広告代理店とシステム開発を行っていたため、
広告代理店事業のクライアントより、何かおかしいと言われ、
システムの調査を行い、実際にでのように行うかの
検証を行った。


その結果どのようなことが起こっているかが把握でき、
仮説、検証を繰り返し、アフィリエイトの不正ツールを構築した。


アフィリエイト不正ツールをリリースした後は
キャリアからも何が起こってるのか知りたいと
打合せを申し込まれ、問い合わせが多く入った。
もちろん導入も結構した。


やっぱりブルーオーシャンっていいなって思えた経験。



ただ、
最終的には100%不正を防止できるシステムではなかったので、
ある程度不正が落ち着いてきたときに解約が多く入った。



正直なところ、名前も知られない小さな会社が
ある程度の名前が売れたという自負はある。


そこで、メリット、デメリットをまとめると


<メリット>

  • 情報がドンドン集まってくる
  • 問合せが多い
  • 名前が売れる

<デメリット>
  • パクられる
  • 怪しまれる
  • 情報だけ欲しい人に時間を奪われる
正直なところメリットのほうが多くあるが、
パイオニアだからといってその後に新しいことを行わないと
簡単に抜かれ去ってしまうということ。

情報が多く集まっているうちに、新たなものをリリースしていく
必要がある。

それができなければ、ドンドン抜かれていく。


追ってる立場も、追われる立場もどちらもつらいと思うけど、
できたら追われる立場で情報がドンドン入っている中、
新しいことにドンドンチャレンジするほうが個人的に好き。


またこういった経験をするために、今も日々努力中!

2012年6月19日火曜日

LINEの企業アカウントに登録してみた

LINEで企業アカウントが発表された


「LINE」、企業向け公式アカウントを提供開始……ローソン、すき家などが参加


http://www.rbbtoday.com/article/2012/06/18/90584.html

企業側の利用料金は、初期費用200万円、月額150万円~。スポンサードスタンプが1,000万円。


ナショナルクライアント向けの金額設定だなって正直思った。


そして、自分で実際LINEから登録してみた。
(ローソン、コカ・コーラ、すき屋)






コメントすると何かありそうだなって思って、入れてみたら、
自動返信で戻って企業アカウントからコメントが戻ってきた。

でも、ローソンを見ていると、企業アカウントから個人からの
コメントは見ることができないってなってるけど、ホントかな。

個人的な憶測だけど、何となく運営はNHN側でやってるから、
ユーザーには個人のコメントが見れないことにしておき、
リアルタイムでのユーザー対応を行わないだけではないかと思う。

今後のクーポン配信などどのような形かなど、動向が気になる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11:30追記


ローソンからクーポンが配信されてきた。
ただLoppiで入力して50円のクーポンだと
面倒でやる気が起きないw

でもこういう早い取り組みはさすがローソンだと思うし、
すごくいい会社なんだろうと想像できる。

今後もこういう新たな取組を温かく見守っていくよ!

2012年6月18日月曜日

個人としての未来のソーシャルの状況

Twitterを見ていて、下記のツイートが流れてきた。


「忘れられる権利」で思い出すのはシュミット前グーグルCEOの不吉な予言ですよね。「いずれ将来、全ての若者は成年になった際、名前を変更できる権利を持つようになるだろう。友人のソーシャルメディアに記された若き日の愚行に関連づけられないように」

確かに今Facebookなどで記載していることのライフログが
ドンドンたまって、数年後に恥だと思うことがあると思う。


特に若者は悪いことを面白おかしく、掲載し、
大人になってからその悪いことが取り出さられる可能性がある。


そうなってくるとネットでの実名と実際の実名を変える必要性が
あると思われる。


だから何をするかということは簡単だけど、
自分が実際に若いときにFacebookのようなものがあっても、
悪いことを面白おかしく、自慢ぽく記載してしまうと思う。


なぜなら、若いときの考えている世界と
ある程度大きくなってからの考える世界の大きさは異なるから、
軽い気持ちで書いてしまう。


だから、
実名は実名でも英語で書くなどの
工夫を若い人にはしておくことが必要なんじゃないかな!

2012年6月14日木曜日

営業の武器の探し方

営業の武器って何かなってチョット考えてみた。

独自の商品を持つということも差別化の要因だと思うけど、
最近思うのが、何も持たないということ。

自社で商品を持つとやはりひいき目をしてしまい、
それがクライアントの要望からチョットはずれたとしても、
自社商品を使ってしまう傾向がある。

これってよろしくないこと。

それを考えると、自社の商品を持っていないからこそ、
クライアントの目的に沿った最善の提案ができるのではと思った。

昔から
「御社と他社で異なるモノってなんですか?」
と聞かれたときは
「自分がいるかいないかです」
と答えている。

固定観念に囚われず最前の提案を行うということは、

自社商品を持たず、自分を商品化させる

ということなんじゃないかと思った。