2012年1月28日土曜日

使ってもらえる広告 を読んだ

使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション (アスキー新書) 

須田 和博 
を読んだ!



コミュニケーションデザインという分野になったので、
こういった本を読んで色々な人の見解を学ぼうと読んだ!

言いたいことは、

今の広告=(web+PR)×テレビ

上記の方程式が重要ということだと感じた。
だから広告的な番組が多くなったと思った。

内容をあんまり書いてしまうのは申し訳ないので、
書かないけど、

趣味嗜好が多様化し、多忙な時代になった今、
広告を見てもらうにはどうすればいいのか?
ということが書かれている。
広告を単体で考えず、ユーザーが必要とする機能と広告を
合体させることが必要だと思った。

これは一つの考え方ので、しっかりと受け止める。

本を読むことも重要だと最近思ってきて、集中して読んだら
2時間くらいで読めてしまう。
これくらいの内容量がいいと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿