2011年6月5日日曜日

今後自分が何をしたいかわかった気がする!

10年くらい前かな?
20歳くらいのときに16歳の時からやっているお祭りの会で
先輩のお子さんの面倒を少々見ていた。

その時は小さな女の子だという記憶しかなかった。

そしてときは経ち、ここ4〜5年あんまりお祭りの会に出れなかったけど、
久しぶりにお祭りの会に行ったら、若い子たちはおれが知らない子達になっていた。

やっぱり時代は流れていくんだなって実感した。

これはいいことなんだよね。

若い子たちに世代が交代していかなければ、時代は変わっていかないからね。

でもその若い子の中に目を光らせながらおれのことを見ていた子がいた。

まぁ周りからもなんだろうこの人、上の人達に仲よさそうに話してって、
思われていたと思うから、みんな誰なのか興味を持っていたんだと思っていた。

会が終わって、若い子たちと話してたら、「エースケ兄ちゃん」って言われて、
「ん??」って思ったら、昔少々面倒を見た子だということに気がついた。

おれのことをこう呼んでくれるのはこの子が最初で最後なんだと思うけど、
30歳超えても兄ちゃんと呼んでくれることは素直に嬉しかった。

そして、その後に子供の話をしていたら、
おれよりもおれの子供のほうが歳が近いことが判明。

正直これが一番ビックリした。
そっか結構子供を早く作ったんだなって(笑)!

でも、その中で思ったことは、あんちゃん的存在っていいなって!
おれは人を育てることが好きなんだなって思った!

だから、人生の半分は後世のために使っていきたいな。
何が出来るのか分からないし、何をしたいのかわからない。

でもおれにはいろんな経験がある。
まぁー人それぞれいろんな経験は必ずあるけどね(笑)!

だから、おれの経験を後世のために使いたいから、
どんな失敗をおれがしてもそれを伝えて、他の人はその失敗を行わないようにしたい。

そう思うと、おれは何をしてもいいんだと思える。
失敗をすることにも意味があるし、もちろん成功することにも意味がある。

こういう考えをもてるとマリオでいうスター状態がいまでも続けられると思える。
そして、新たな目標を持つことは新たな知見を得ようとすることなので、
これまたいいなって思う。

さぁーこれからもいろんな経験を積んでいくぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿