2010年9月6日月曜日

Macを購入したあとにインストールしたい ベスト15

新しくMacBookProを購入したので、Macにいれるべきアプリたちを書いていきます。

まずは手始めにという形なので、今後また入れたものをアップしてまとめたいと思います。

■Webブラウザー
Google Chrome
現状または、今まで使っていたChromeと拡張機能も含めて、
同期することができるから、やっぱり非常に便利

FireFox
なんだかんだ無いと不便だから入れます。
個人的にはIPの偽造ができないけど、モバイルサイトのテストに
使用していることが多いかな!

■解凍ソフト
The Unarchiver
これだけ入れていて不便に思ったことはない。

■text editor
CotEditor
まだ使い始めてばかりだけどそれなりにいいという第一印象

■security
ClamXav
念のためセキュリティも入れました。以前から使用しているけど、
いいです。

■ダウンローダー
URLcollector
まだ使ってないからわからないけど、良さそうなので入れました。

■オンラインストレージ
evernote
入れておいて損はない。使わないことが損だと思えるくらい
使い倒して欲しい。

Dropbox
いろんなPCと共有することが簡単にできる。
これも使用したほうが絶対にいい!

■コーデックが再生可能なQuickTimeコンポーネント
Perian
まだ使用してないからわかんらないけど、QuickTimeで
いろんな拡張子のものが見れるようになるから非常にいいと思う。

■高速な画像ビューア
FFView
まだ使用していないけど、何気に漫画のデータが結構あるので、
それを見るときに使おうかと思ってます。

■メール
Thunderbird
昔から使っているので、これからも使っていく。
重い感じはするけど、いろんな機能があるから
自分好みにすることができて使いやすい。
できて

■twitter
夜フクロウ
いろんなソフトがある中、何となく日本人が開発もしてるし、使いやすいので使っている。

■システム情報をメニューバーに表示
iStat menus
ここまで必要かと思ってしまっているので、もしかしたら、
アンインストールする可能性もある。常に表示させてるとバッテリーを食いそう。

<Widget>
■手軽に取れるメモ
BitMemo
これはメチャクチャ使いやすいから是非使用したほうがいいと思う。
今まであんまりウィジェットを使わなかったけ、これからは使う。

■手軽にQRコードを作成
QRCode
なんとなく入れてみたけど、まだ使っていない。
モバイルサイトのテストの際にQRコードをよく作るから今後は使うかな。

<番外編>
Macの充電器の巻き方(実はやり方がわからなくて悩んだ)

2010年9月3日金曜日

数々のSNSから学んだこと

気がつくといろいろなSNSに登録していたと築く。

一番始めに登録したのが確かGREE。
まだ代表の田中さんが楽天で仕事しながら運用していた時期だったと思う。

その後はmixi。
なぜだか周りの友達がmixiをやっている人が多かったから、mixiばかりを触れることになった。

それからは何だろうか??
結構いっぱい登録をしたので、覚えていないというのが正直なところ。

現在登録しているSNSは
・GREE
・mixi
・モバゲー
・Facebook
・MySpace
・その他オープンソースのSNS

こうみると結構登録してると実感。

でも、毎日見ているSNSはない。

なぜかというとSNSの更新をすべて行うことは相当な労力を必要とするからだ。

その点、twitterが出てきて、APIでtwitterでつぶやくだけで、その他のSNSにもつぶやきが反映されることは
すごく楽で便利だと思う。

そう考えていくと他社のサービスとの連携が今後は必須になってくると思う。

現状、便利だと思われるサービス通しをつなげながら、不便だと思う点を改善していけば自ずと成功が見えてくると思う。

あと数年経てばケータイ、スマートフォン、PCの垣根はほぼなくなると思う。

そのときに1つのプラットフォームしかわかりませんでは話にならなくなる。

そのため、いろいろなプラットフォームを渡り歩いて、そのサービスにあったデバイスを選ぶ、
もしくはすべてのデバイスに対応をしていくことが当たり前になってくる。

あとは、スピード勝負ということになるであろう!
自分自身遅れずについていけなければならないから、新たなサービスが出たら飛びついていかないといけない。

2010年9月2日木曜日

「4時間半熟睡法」を読んで

今の会社で同じ事業部のメンバーと本を交換して、お互いに読んでいる。

特にこの本が良かったと思う本をおもむろに持ってきて、貸し合っている。

これをすることによって何がいいのかというと、自分が買わないであろう趣味のものを
読むことになるので、知見が広がる。
これは正にメリットだと思うので、是非試してもらいたい。

さて、今日は帰りの電車の中で1冊読み終えた本のことを書く。

「4時間半熟睡法」 著 遠藤拓郎 フォレスト出版

30分くらいで読み終える本なので、立ち読みでも何でもいいので、睡眠時間を減らしたい
人は是非読んでみてください。

これを読んで、

①平日 4時間半睡眠
土日 6時間or7時間半睡眠

②起床時間は平日、休日ともに同じくらいの時間帯

③0時〜6時の時間にできる限り睡眠を取る

④眠いときには15分だけ睡眠

上記4個のことを実践しようと思います。

人間は一生のうちの1/3は睡眠だと言われているので、今のうちにできる限り寝ないで、
貴重な時間を活用していきたいと思います。

詳しくは4時間半熟睡法を読んでくださいな!!

2010年9月1日水曜日

Apple,Google,Facebookのが日本にもたらせた功績

日本は独自の文化があり、閉鎖的な文化がある。

閉鎖的な文化は必ずしも悪ことだけではないが、外野から見ると独り占めしているだけのように見える。

その今までの閉鎖的な文化を壊してくれたのが、Apple、Google、Facebookなどの海外勢だと思う。
下記は私の憶測であるが如何でしょうか?

■Apple
iTuneなどを用いてオープンマーケットを確立し、webで手に入れられるものを多くした

日本では音楽、音声ファイル、書籍などがwebで手に入れるようになり、
日本のマンモスdocomoの公式サイトがオープン化(実はこれが一番大きなマーケット)

■Google
フリーのwebアプリケーションを作成しフリービジネス、フリーミアムを広げた

フリーの文化が広がり、お金とかけずとも利用(試す)ことができるようになった。

■Facebook
オープンのプラットフォームビジネスを確立して、プラットフォームのオープン化を広げた

閉鎖的であったmixi、モバゲー、GREEがオープンプラットフォームとなった。


フリーであり、オープン化が進むことによるメリットは、小さな会社でも成功することが
チャンスが以前よりも増えたと思う。

お金がなくともできることが広がり、他社のフンドシ(プラットフォーム)を利用し、
稼ぐことができる。

この魅力的なマーケットに日本がなったのは海外勢の進出のおかげだと思い、
日本に参入してきてくれたからこそ出てきた功績だと思う。
そして日本勢もオープン化が進んでいくと思う。

これを最大限利用する方法は起業だと思う。
お金がなくともそれなりのことができ、大きなマーケットに参入することができる。
あとは、
・少しのお金
・信頼できる仲間
・企画
・システムが作れる
・スピード
だと思う。

これからさらにフリーミアム、オープン化が進み、個人でも稼げるマーケットがドンドン広がると思うので、
実は今後の日本がおもしろいと思う。