2010年8月31日火曜日

iPhoneとガラケー(docomo)の住み分け

iPhone4を購入したと前回報告しましたが、実際はケータイが増えたことにより、
月額の支払いも増えてしまった。

でも、よくよく考えてみると今まで無駄に使用していた月額料金を見直すことにより、
あんまり変わらない月額にすることができると実際に行って思った。

私は下記のようにiPhoneとガラケーを分けている。

■iPhone

・ネットに接続するのは画面がでかい分だけ使い勝手がいい

・文章を作るときにガラケーのように何度もボタンを押すよりフリックでの入力のほうがラク

・電池が結構持つ

・外でメールなどが送れるので仕事ができる

・iPhoneを持ちながらの通話は結構きつい

・端末料金が初期0円、月額諸々入れて6185円

■ガラケー(docomo)

・通話が行いやすい

・FeliCaがついている(モバイルsuica、ID)

・落としてもなかなか壊れない

・何気にパケ放題は高い(3980円くらい)

・10年以上使用しているため割引率が高い

・通話料だけ見れば、10年以上契約をしているので割り引かれ、通話料は安い

上記の特徴を踏まえてどうゆうふうに運用すれば安く、且つ日々の生活が行いやすくなるか考えた。


結果は
iPhoneは通信用パケット使用、ガラケーは通話用という住み分けを行った。

でもモバイルsuica、IDを使用したかったので、当初の予定ではiモードを解約する予定だったけど、
解約せず、パケホーダイダブルを契約。
これで月額は最低700円くらい。


iPhoneのフリーミアムの戦略は非常に有効的で、日本ではiPhoneが一人勝ちのマーケットになっている。

日本企業もappleになれる素質は持っていた思うけど、今日カンブリア宮殿で孫さんが言っていたが、
日本は暗記がメインで、思考を鍛えていない。アメリカでは思考をメインに鍛えている。
高度成長前は暗記のように模範していれば先進国に追いつくことができたが、
日本が先進国になっても教育方針が変わらず思考を鍛えなかったので、新たなビジネスモデルの
構築が遅れ、先進国からの成長ができなくなっているとのこと。

確かにその通りだと思う。
勉強のための暗記は過去の話になるとすぐに忘れてしまうけど、思考であれば忘れるという概念はなく、
新たに作り出すという創造である。

iPhoneはアメリカで作られたものであるが、ガラケーは日本で作られたものである。
まだまだシェアでは負けてないし、今後また新たなケータイがでる確率もある。

だけからこそ、日本企業は海外勢に負けずに頑張ってもらいたい。もちろん教育も含めて!
日本の未来を背負う子供たちのために!

0 件のコメント:

コメントを投稿