2010年8月27日金曜日

人材会社の10年来の社長の未来

学生時代にお世話になった社長(といっても2個上)と打ち合わせをした。

学生時代の海の家を一緒にやらせてもらい、つらいことばかりだったけど、
かけがえのない友とのつながりを創ってくれ、モバイル関連のことに関しては連絡をくれるホントいい先輩の社長です。

しかもクライアントに対して、長期的なメリットがなければ関わりを持たないようにして、
業界の価格破壊に対して反抗をせず、違う分野で新たな活路を見出している。

リアル系のプロモーションが非常に強い会社で、専門知識を持った人たちの派遣を行っているので、
今後も絶対のびていく会社であることは間違いない。

そして、今後はリアルだけではなく、webをうまく取り入れて行く戦略もしっかり考えている。
先輩に慕われ、後輩に尊敬され、気がついたら一緒に働きたいと思う天性の実力を持っている。

こういった社長になれるかと言われると自分はなれないと思うけど、力になれることはある。

個人的には人のために全力を尽くせる人間になりたいと常に思っているので、
今後も力になれるように自分ができることをやっていかないと置いていかれてしまう。

お互い専門分野が異なるものの、シナジーを出せる分野であるので、協業をして行きたいと強く思う。

こういった先輩が自分の周りにいることが本当に自分の資産だといつも思う。

だからこそ自分が突っ走って行ける。

人脈を作ることはスゲー大変なことではあるものの、それを手に入れられれば自分次第で、
離れることをしなければ、一生付き合える人たちとどれだけ付き合っていけるかが人生の勝負だと思う。

お金では変えないものというのが人脈、仲間だと思う。

だからこそ、自分の周りの人たちが踏み込まない世界に踏み込んで、独自のノウハウを形成していきたいと思うし、
自分のこだわりをしっかり持って自分でしかできない道を作っていきたいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿